18/01/2021 10:52 GMT+7 Email Print Like 0

イスラエル向けのベトナムの輸出活動は回復

(VOVWORLD) - イスラエルに駐在するベトナム商務部によりますと、2020年、イスラエル市場向けのベトナムの輸出総額は約7億米ドルに達する一方、イスラエルからの輸入総額は約8億5千万米ドルに達する見込みです。
また、2020年11月に、ベトナムの輸出額は先月と比べ27.2%増に当たる5104万米ドルに上りました。コーヒー、履物、カシューナッツ、電話機とその部品、水産物、繊維製品などの殆どの主力輸出製品は大きな伸びを見せています。

新型コロナウイルス感染症が2020年に蔓延している背景の中で、イスラエル向けのベトナムの輸出額は、前年の7億7千400万米ドルと比べ、軽減しました。絶対値をみて、この減少は、他の多くの輸出市場よりも遥かに低い水準です。また、イスラエル市場が様々な変動に直面している中で、この数字は両国間の貿易取引活動における明るい兆しであると見なされています。

イスラエルは、人口約930万人を擁しており、市場規模が大きくありませんが、中東地域でアラブ首長国連邦、トルコに次いでベトナムの3番目の輸出先となっています。