16/04/2020 10:19 GMT+7 Email Print Like 0

アメリカ企業 ベトナムへの進出を希望

(VOVWORLD) - 14日、ワシントンで、在アメリカベトナム大使館のハー・キム・ゴック大使は(BCIU)国際理解のためのビジネス協議会との会合をオンラインの形で行いました。
この会合はベトナム大使館と同協議会との定期的なもので、今回はアメリカの大手企業40社の代表が参加しました。

会合で、ゴック大使は、新型コロナウイルス感染が両国の協力と交流に大きな影響を与えているものの、両国関係は多くの分野において著しい成果を収めていると明らかにしました。特に、経済協力は前向きに発展しており、ベトナム政府は両国の貿易関係の持続可能な発展を目指す多くの措置を展開していると強調しました。また、新型コロナウイルスが全世界で広がっている中で、両国の医療協力は両国関係の目玉分野となっていると述べました。両国は感染予防対策に関する情報と経験を交換し、医療設備や防護服の生産に協力しているとしています。

一方、アメリカ企業の代表は、新型コロナウイルスとの闘いにおけるベトナムの成果を高く評価し、感染終息後のベトナムの経済回復計画に関心を寄せました。また、ゴック大使に、ベトナムの投資誘致政策について多くの質問を出し、ベトナムへの進出に希望を表明しました。