08/07/2020 09:57 GMT+7 Email Print Like 0

まもなく、ソンラ省の赤いドラゴンフルーツが日本に輸出

(VOVWORLD) -来る7月10日に、ベトナム北部ソンラ省マイソン県で栽培された果肉の赤いドラゴンフルーツ20トンが日本に輸出されます。

マイソン県は80ヘクタールに及びドラゴンフルーツ園を所有しており、有機栽培方式で行っています。その結果、果肉の赤いドラゴンフルーツは経済的に高い効果をもたらす植物となっています。マイソン県農業農村開発室のカム・バン・タン室長は次のように明らかにしました。

(テープ)

「現時点で、現地には80ヘクタールに及ぶ果肉の赤いドラゴンフルーツ園があり、主に、チエンスン、ナボ、コノイ、ハットロット、チエンムンなどの村に集中しています。私たちは、関連各機関と協同生産組合に対し、ドラゴンフルーツの栽培過程を集中的に指導してきました。」