18/11/2020 10:31 GMT+7 Email Print Like 0

「2020年以降のAPECビジョン」APEC首脳宣言採択を支持

APEC=アジア太平洋経済協力会議の第27回リーダーズウィークの枠内で、16日夜、第31回APEC外相・経済担当大臣会議は、マレーシアのアズミン・ア国際貿易産業大臣の主宰の下で、オンライン形式で開かれました。
「2020年以降のAPECビジョン」APEC首脳宣言採択を支持 - ảnh 1
会議で発言に立ったベトナムのファム・ビン・ミン副首相兼外相は、地域内の経済連携におけるAPECの大きな地位を強調すると共に、「APECは、新型コロナ禍に対応したことから、加盟国は、団結と協力の精神を強化して、疫病の抑制に努力し、地域経済連携を確実に維持する必要がある」と訴えました。
「2020年以降のAPECビジョン」APEC首脳宣言採択を支持 - ảnh 2   ミン副首相兼外相【右】
2020年以降のAPECのビジョン構築についてミン副首相兼外相は次のように語っています。

「ベトナムは『2020年以降のAPECのビジョン』のAPEC首脳宣言の採択を完全に支持します。これは、迅速に変化している世界と地域の背景の中で、APECの長期的協力方向を打ち出すことが狙いです。そこで、APECは、平和・連結・適応・創意工夫のアジア太平洋共同体の構築にとって主要原動力としての役割を果たす必要があります。」
ソース:VOV