26/08/2020 09:37 GMT+7 Email Print Like 0

「2020年の再生エネルギーウィーク」 開催

(VOVWORLD) - 25日から28日まで全国各地で、ベトナム持続可能なエネルギー連盟の主宰の下、「2020年の再生エネルギーウィーク」が開催されています。

「平穏な生活のためのグリーン成長」をテーマにした今年のイベントは、エネルギー安全保障を目指して、持続可能な再生エネルギーの開発を推進することが狙いです。

近年、ベトナム政府は、再生エネルギーの開発を奨励する多くの政策を実施しています。これにより、ベトナムでは、太陽光発電や風力発電など、再生エネルギーによる発電は全国の発電の1割を占めており、ベトナムはASEAN地域で再生エネルギー開発でトップに立っていると評されています。

ベトナム持続可能なエネルギー連盟所属グリーン開発センターのグイ・ティ・カイン所長は次のように語りました。

(テープ)

「時代の流れに沿ってベトナムは、再生エネルギーの開発を目指す一連の政策や主張を展開しています。中でも、ベトナム共産党政治局は、「次の段階におけるベトナムエネルギー開発戦略」の方向を定める決議55号を出しました。この決議は、再生エネルギーの画期的な開発を目指す政策を打ち出し、その中で、太陽光発電と風力発電に集中し、発電に必要な原料の輸入への依存度を減らし、国の安全保障を確保するとしています。」

なお、25日午前、ハノイで、「屋根に設置される太陽光発電・問題とその解決策」をテーマにしたセミナーが「2020年の再生エネルギーウィーク」 の一環として行われました。