18/10/2021 14:56 GMT+7 Email Print Like 0

「貧困のための行動月間」、民族の良き伝統を培う

現在、ベトナムの各レベルの祖国戦線委員会は各企業、団体、機関、個人に対し、「貧困者のため」基金に寄与していくよう呼びかけています。 10月17日は、2021年の「貧困のための行動月間」の初日です。今年、「貧困のための行動月間」は11月18日まで進められ、貧困者をはじめ困難な状況に置かれる人々、疫病・自然災害による被害を受けた人々、国の功労者とその家族を支援するための力を集めることを目指します。 現在、ベトナムの各レベルの祖国戦線委員会は各企業、団体、機関、個人に対し、「貧困者のため」基金に寄与していくよう呼びかけています。ベトナム祖国戦線中央委員会幹部会のチュオン・ティ・ゴック・アイン副議長によりますと、この2年間、新型コロナウイルス感染症による被害を受けているにもかかわらず、各企業、団体、機関、個人は貧困者を支援する活動を維持しています。 今年1月から9月に、「貧困者のため」基金への寄付金は2兆5700億ドン(約120億円)を超えています。また、1万3250軒のチャリティハウスが改修されました。貧困者の子どもへの支援活動も強化されています。 特に、貧困者や、困難な状況に置かれる人々、疫病・自然災害による被害を受けた人々、国の功労者はワクチン接種の優先対象となっているということです。 ソース:VOV