16/12/2020 11:20 GMT+7 Email Print Like 0

「職業教育戦略における突破口を切り拓く」座談会を行う

代表らは「職業教育の質的向上を目指し、職業教育事業に携わっている教師を育成し、教育業種の構造を改革し、能力がある教師を優先的に発展する」という提案を出しました。
15日午前、ハノイで、教育と人材開発評議会所属職業教育小委員会は「2021年~2030年の職業教育戦略における突破口を切り拓く」をテーマとした座談会を行いました。
座談会で、代表らは「職業教育戦略は今後10年後の職業教育システムの発展を促進する指針である。この戦略はオープンで、臨機応変、および、効果的、公平、持続的、かつ、接近しやすい職業教育システムを形成、発展させ、第4次産業革命と国際社会への参入の要求に答えられることが狙いである」との見解を明らかにしました。
また、代表らは「職業教育の質的向上を目指し、職業教育事業に携わっている教師を育成し、教育業種の構造を改革し、能力がある教師を優先的に発展させる」という提案を出しました。
ソース:VOV