29/12/2018 10:47 GMT+7 Email Print Like 0

「第4次産業革命下の労働、雇用就業」座談会

28日午前、ハノイで、政府のポータルサイトは、「第4次産業革命下の労働、雇用就業」をテーマにした対話を行いました。
ここで、労働傷病軍人社会事業省所属の雇用就業局のレ・クアン・チュン副局長は、「経済が発展するにつれて、ベトナムの労働市場は引き続き、近代的に発展し、労働に関する政策や法的文書が一歩ずつ完備される。労働の質的向上、労働力需要構造の好転、賃金の引き上げ、生産性と労働力の増加などの労働市場が改善されるようになる。」と明らかにしました。

また、チュン氏は「今後、労働傷病軍人社会事業省は、労働や雇用、賃金、社会保険などに関わる政策などを完備させ、社会保険と失業保険の加入対象者の拡大、職業訓練の質的向上を集中的に行う」と述べました。

なお、座談会で、チュン氏は、ベトナムで働いている外国人労働者の管理の強化策や、社会保険政策の改革などに関する質問に答えました。
ソース:VOV