28/11/2020 12:28 GMT+7 Email Print Like 0

「法の支配」条件は言語道断、ハンガリーとポーランド強硬崩さず

(VOVWORLD) - ハンガリーとポーランドは26日、EU=欧州連合の予算などの配分に「法の支配」の順守を条件とするのは言語道断だとして、強硬姿勢を堅持しました。
ハンガリーのオルバン首相とポーランドのモラウィエツキ首相は声明を発表し、共通の立場を強調しました。オルバン首相は「この問題は金で解決できることではない」とした上で、新型コロナウイルス危機で迅速な対応が求められる中、緊急基金を棚上げにしておくのは無責任だと主張しました。

モラウィエツキ首相も「拒否権の行使は、最近の悪しき動態を変えるための基本シナリオだ」とし、ハンガリーと連携する姿勢を示しました。

こうした中、EUのある高官は、ハンガリーとポーランドがますます孤立を深めていると指摘しました。欧州議会や理事会で「法の支配」順守の条件を再検討する機運は全く見られないと述べました。

ハンガリーとポーランドは16日、EU予算と新型コロナウイルス復興基金の採択に反対しました。資金へのアクセスを巡り、法の支配の尊重が条件に盛り込まれたことに反発しました。

欧州委員会のフォンデアライエン委員長は25日、EU資金へのアクセスと法の支配との関連を巡り、欧州司法裁判所に判断を求めるべきだという考えを示しました。(ロイター)