12/04/2020 12:07 GMT+7 Email Print Like 0

「早すぎる外出規制解除」に警鐘 感染再拡大の恐れも WHO

(VOVWORLD) -WHO=世界保健機関は10日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大抑制のために実施されている外出規制の解除が早すぎれば、感染の再拡大につながる恐れがあると警告しました。
「早すぎる外出規制解除」に警鐘 感染再拡大の恐れも WHO - ảnh 1
テドロス・アダノム・ゲブレイェスス事務局長(写真:THX/TTXVN)
WHOのテドロス・アダノム・ゲブレイェスス事務局長は、スイス・ジュネーブで行ったオンライン記者会見で、世界人口の約半数が何らかの外出制限下にある今、一部の国で制限の緩和が検討されているが、早すぎる緩和は危険だと述べました。

テドロス氏は、規制を緩和する前に考慮すべき要素として、以下の6つを挙げました。(1)感染が抑制されています(2)公衆衛生サービスが十分提供されています(3)介護施設における流行リスクが最小限に抑えられています(4)職場や学校で予防措置が講じられています(5)国外からウイルスが持ち込まれるリスクが管理されています(6)地域社会が規制緩和を認識し、関与しています。

新型コロナウイルスによる世界の死者数は10万人に達しました。AFPの集計によりますと、新型ウイルスが中国で初めて確認された昨年12月以降、世界の感染者数は160万人を超えています。

テドロス氏は、スペイン、イタリア、ドイツ、フランスを例に挙げ、被害の大きい欧州の一部の国で感染拡大が鈍化している兆候があることを歓迎しました。

しかし、テドロス氏は他の地域で流行が「驚異的に加速」することを警告し、特にアフリカでは非都市部で感染が確認され始めていると指摘しました。
ソース:VOV