24/05/2018 11:09 GMT+7 Email Print Like 0

「平和・安全保障・発展のための団結」シンポジウム

参加者らは、毎年1月27日に戦争による最も深刻な被害を受けたクアンチ省で、「ベトナム・平和の日」というイベントを開催するという構想を歓迎しました。

21日と22日の両日、中部クアンチ省で、同省人民委員会や、ベトナム平和・開発基金、ドイツのローザ・ルクセンブルク財団の共催により、「平和・安全保障・発展のための団結」をテーマにしたシンポジウムが行われました。

席上、参加者らは、世界の平和を脅かす問題とその原因、平和維持のための方法、世界の人々の団結強化策、及び、平和維持のための情報・経験交換の強化、持続可能な発展などの重要性について討議しました。
ソース:VOV