03/12/2021 01:13 GMT+7 Email Print Like 0

「安全かつ臨機応変な対応、効果的な疫病抑制」=チン首相

2日午前、政府本部でファム・ミン・チン首相の主宰により政府の11月の月例会議が行われました。
「安全かつ臨機応変な対応、効果的な疫病抑制」=チン首相 - ảnh 1
席上、チン首相は国内各地で新型コロナ感染の拡大が基本的に制圧され、経済回復が進められている。今後、疫病の感染がまた拡大する危機や感染が広がっている新型コロナの新たな変異株に対応する姿勢を整えるよう要請し、次のように語りました。

「新型コロナを制圧するためにはワクチンは決定的な要素です。ワクチン接種計画を具体的かつ詳細に作成しなければなりません。12月半ばまでに18歳以上の人口への2回接種を完成させる一方、18歳以下の学生にも学校に通えるよう接種を加速する必要があります。さらに、接種とワクチンの保管を再点検しなければなりません。」
このように語ったチン首相は各省庁、地方に対し、金融政策と財政政策を緊密に連携させ、臨機応変に運営し、マクロ経済の安定化、経済成長に尽力するとともに、公共投資の実施を加速し、生産・経営の推進、困難解決に集中するよう指示しました。
さらにチン首相は国家行政機関と各レベルの地方行政当局の管理、運営活動を効果、公開、明確、民主に向け刷新していくよう求めています。
 ソース:VOV