09/09/2019 10:57 GMT+7 Email Print Like 0

「子供にヘルメットをかぶせる」運動開始

交通の安全保障は差し迫った問題でありながら優先課題ともみられています。

8日、ハノイで、国家交通安全委員会や、教育訓練省、ハノイ市人民委員会の共催により、「子供にヘルメットをかぶせる」運動をスタートさせる式典が行われました。これには、チュオン・ホア・ビン副首相や、日本の梅田邦夫ベトナム大使、ハノイの3000人の小学校1年生が参加しました。

席上、ビン副首相は、全国の生徒に対し、交通法に関する理解を深め、交通文化づくりに積極的に参加するよう呼びかけました。また、「ハノイをはじめ、全国各地の保護者はこの運動に応援し、子供たちに対し、自転車や、バイクなどに乗るときにヘルメットをかぶることの重要性を説明する必要がある」と訴えました。
ソース:VOV