30/06/2018 11:45 GMT+7 Email Print Like 0

「国内外のスタートアップの結合」フォーラム

26日と27日の両日、ホーチミン市で、同市人民委員会と外務省の共催により、「国内外のスタートアップの結合」と題するフォーラムが行われました。 フォーラムは、起業を始めようとする者が自分のアイデアを発表し、専門家の意見を受けるとともに、国内外のスタートネットワークをつくることが狙いです。 フォーラムについて、外務省のヴォ・ホン・ナム次官は次のように語りました。 「400人の若手実業家が参加するこのフォーラムは成功しました。若手実業家はエネルギーがいっぱいで才能もありますので、私たちはびっくりしました。フォーラムの成功として、まず、アメリカを始め、世界各国でベトナム人が身につけたスタートアップに関する知識を普及したことです。また、400人の若手実業家はスタートアップのネットワークを作ったこと。そして、管理機関と若手実業家とスタートアップ支援者といった3者による結合が強化されたことです。」 AR=拡張現実という技術を利用して教育的玩具を開発するEkid Studioというプロジェクトの担当者パトリック・グエン氏は次のように語りました。 「出席者から多くの意見を頂きました。人によって意見が異なりますが、どんな意見を受けるのかは自分自身の判断によるものです。自分の案件がうまく行くよう、自分で決めます。」 ソース:VOV