07/05/2018 10:32 GMT+7 Email Print Like 0

「人道・認識から行動へ」と題する人道月間が始まる

5日午前、ホーチミン市の赤十字協会は5月8日の「国際赤十字・赤新月デー」に応え、「いたるところで人々のために」と題する記念式典を行い、「人道・認識から行動へ」と題する人道月間を開始しました。

席上、赤十字協会の代表はそれぞれの幹部、会員、ボランティア、及び各レベルの赤十字会が困難な状況に置かれている人を見極めた上で、適切な支援を行う必要があると強調しました。また、各組織、個人、支援者に対し、様々な形で、「人道月間」に参加するよう呼びかけました。

式典で、「人道月間」に応え、寄せられた義捐金は420億ドン、約2億140万円を超えています。
ソース:VOV