05/03/2018 11:39 GMT+7 Email Print Like 0

「ベトナム国際水週間」2018が始まる

4日午前、ハノイで第6回「ベトナム国際水週間」が開幕しました。今年の「世界水の日」は「水と自然」をテーマにするのは、長期的かつ持続可能な発展の目標に向けて、水資源の管理政策を自然に依存して実現するべきだと示しています。

開幕式で挨拶に立った資源環境省のチャン・クイ・キエン次官は「『アジア水週間』と『世界水の日』に応えて、『ベトナム国際水週間』のテーマを『水資源の持続可能な開発での協力』に定めた」と明らかにしました。

また、同次官は「ベトナム政府は、水資源を国の持続可能な発展を確保する戦略的な資源として見なしている。経済社会の持続可能な発展、国防安全保障に応えるため、水資源の管理、保護、合理的かつ節約で効果的な使用を確保するべきだ」と強調しました。

「ベトナム国際水週間」の一環で、水資源に関するシンポジウムやフォーラム、水の国際展示会などが行われます。なお、同日午前、資源環境省所属国家水資源企画調査センターは設立10周年記念式典を行いました。
ソース:VOV