25/01/2021 10:49 GMT+7 Email Print Like 0

「チュオンサの春」芸術交流会

23日夜、ハノイで中央宣伝教育委員会の主催により、「チュオンサの春」と銘打った芸術交流会が行われ、祖国の海と島の領有権の確保にあたっている幹部、兵士を讃えることが狙いです。
​「チュオンサの春」芸術交流会 - ảnh 1
公演で海と島、故郷、祖国にちなんだ曲が披露されました。「チュオンサの春」と銘打った芸術交流会は2013年から行われる年次活動であり、国内の企業や機関、支援者と祖国の領有権を確保するため、離島に駐屯している幹部、兵士との懸け橋となっています。
こうしたイベントを通じて、ベトナム共産党の電子新聞は国内の組織、企業に対し、ベトナム海軍の家族に500億ドン、約224万円の義援金やチャリティハウス、預金通帳、プレゼントの提供を働きかけました。
ソース:VOV