03/10/2020 10:52 GMT+7 Email Print Like 0

「ジェンダーの平等と女性のエンパワメント」、ベトナムの終始一貫した立場

(VOVWORLD) -グエン・ティ・キム・ガン国会議長は、この会合にメッセージを送りました。
「ジェンダーの平等と女性のエンパワメント」、ベトナムの終始一貫した立場 - ảnh 1
   
ベトナム時間の2日、第75回国連総会のサミット週間の活動の一環として、「ジェンダーの平等と女性のエンパワメント」をテーマとした第4回女性世界会議開催25周年を記念する会合が行われました。

グエン・ティ・キム・ガン国会議長は、この会合にメッセージを送りました。メッセージで、ガン議長は次のように語りました。

(テープ)

「今から75年前、国連は国家間の戦争をなくすことと社会の発展の進歩を目的として創設されました。それからちょうど50年後の1995年に行われた第4回女性世界会議で採択された「北京宣言」と「行動綱領」で女性の権利の実現、ジェンダー平等の推進が再び取り上げられました。」

これらの文書の履行はジェンダーの平等と女性のエンパワメントを目指す法的枠組みの完備に寄与してきました。ガン議長は次のように語りました。

(テープ)

「現在、地域と世界の議院フォーラムでもジェンダーの平等と女性のエンパワメントは第一の関心事となってきました。特に、さる8月17日に行われたIPU=列国議会同盟の第13回女性国会議長サミットと先月に開かれたAIPA41=第41回ASEAN議員会議総会で、新型コロナウイルス感染症予防対策を含め、社会のあらゆる分野における女性の重要な役割と貢献を強調しました。ジェンダーの平等と女性のエンパワメントはベトナムの終始一貫した立場であり、憲法でも確認される他、実際に保障されています。ベトナム女性はベトナムの歴史においても経済社会の発展と伝統的文化の維持に常に重要な役割を担っています。」

このように語ったガン議長は「これまで、ベトナム国会はジェンダーの平等と女性のエンパワメントを目指す多くの法的文書を採択すると共に、政治、経済、社会などの分野への女性の参加を奨励している」と明らかにしました。