26/11/2019 09:39 GMT+7 Email Print Like 0

「インド・ベトナム関係・ホーチミン主席の貢献」シンポジウム

24日、インドの西ベンガル州の州都コルカタ市で、インド文化関係評議会と西ベンガル州のインド・ベトナム連結委員会の共催の下、「インドベトナム関係・ホーチミン主席の貢献」と題するシンポジウムが行われました。
「インド・ベトナム関係・ホーチミン主席の貢献」シンポジウム - ảnh 1 シンポジウムの様子
シンポジウムで、出席者らはいずれも、両国の関係は高い政治の信頼を基盤に良好に発展しており、各レベルの訪問団が頻繁に行われることはこの信頼を示していると明らかにしました。また、両国関係のもう一つの基盤は、かつての民族解放事業で互いに支援しあっていたことにあるとしています。
そして、出席者らは、インド革命の指導者マハトマ・ガンディーとベトナム革命の指導者ホーチミンの類似点について話し合いました。
シンポジウムを機に、ホーチミン主席に関する絵画展も開かれました。
ソース:VOV