27/02/2016 22:09 GMT+7 Email Print Like 0

TPP、繊維製品輸出の強化に寄与する

イギリスの日刊新聞「フィナンシャルタイムズ」直轄の投資研究部アジア担当者のデビッド・ロビンソン氏は、「TPP=環太平洋経済連携協定はベトナムの繊維製品の輸出活動の強化に寄与する」と強調しました。デビッド氏は又「ベトナムは、マレーシア、ブルネイ、及びシンガポールの東南アジア3カ国と比べ、TPP発効直後に一番多くの恩恵を受ける可能性がある。繊維製品、革靴は急速に発展する分野であり、ベトナムの輸出製品構造の中で大多数の比重を占めている。これは、TPPで多くの恩恵を受ける分野でもある。」と明らかにしました。
WTO世界貿易機関によりますと、現在、アメリカがベトナムの革靴に対して適用している輸入税は48%にも上っています。また、幾つかの繊維製品は、20%の輸入税に適用されています。その一方で、TPPが発効してから、輸入税の課税率は0%、0%ちかくになります。これにより、TPPの発効のお陰で、アメリカ市場におけるベトナムの繊維製品と革靴のシェアは二倍増となり、または、2020年までに、30%に達する可能性があるとしています。
ソース:VOV