28/07/2019 00:01 GMT+7 Email Print Like 0

Ta Nam Long(タ・ナム・ロン)氏とベトナムの洞窟発見の偉業

タ・ナム・ロン氏は、ザン省のルンクー地域からカーマウ地域までの洞窟を発見した。彼はゾックナン、ディアグック、オン洞窟などの数人しか発見してない危険な洞窟を発見した。

特殊な趣味
ロン氏の家族は医療分野で働く家庭で、ハノイ医療大学の卒業生であった。大学を卒業した後に、ナム・ロン氏はテクノロジー分野に働き、洞窟探検に興味を持っていた。彼は、英語が話せるので、インターネットで資料を集め、外国洞窟発見グループの人々と意見交換をした。
医学見識を持つロン氏は、冬の池や滝を渡るために、スイマーのような体力訓練をし、探検の際、遭難したり怪我をした時、自分と他の人のために、応急手当をする可能性がある。
ベトナム国内の多くの洞窟を探検したので、今、彼は洞窟の探検家になった。彼は3000名の若者と共に、ベトナム洞窟の探検家協会を設立した。この協会は非営利の自発的な組織であり、同協会のメンバーは長期的な洞窟の探検行程を実施するために、経験を分かち合い、互いに、援助し、団結する。


 ター・ナム・ロン氏によりベトナムの洞窟の探検に使用される防護服と装備。
撮影:チャン・タイン・ザン

ライチャウ省のコンヌゥオック-ベトナムで最も深い洞窟探検中に、
救助されたタ・ナム・ロン氏。撮影:資料



洞窟の探検の後のロン氏の手は多くの傷跡がある。撮影:チャン・タイン・ザン

奇跡を克服
ベトナム洞窟の探検家協会とナム・ロン氏はタインホア省のスオイカン洞窟を発見した。ロン氏はラオカイ省の危険なフット洞窟を発見した。フット洞窟は、鉄砲水を起こし数10軒家を飲み込んだ。1つの外国人の探検家グループは4日間、フット洞窟の中で迷った。
2016年、ロン氏と彼の友達は600mの深さがあるコンヌゥオック洞窟(ライチャウ省、フォントォー郡、ランニータン町、チューサイフィン村)を発見した。2002年、ベルギー人の探検家たちはコンヌゥオック洞窟の発見に成功した。コンヌゥオック洞窟は東南アジアの最も深い洞窟として評価される。ロン氏は50mの高さから落下した。彼は2日間動けなかった。2年後、強い精神力と努力で、ロン氏は回復し、短期的な真剣行程を続く。
約10年後に、数100のトリップと数多くの貴重な体験をし、ロン氏は多くの洞窟についての数千枚の写真、数100のビデオクリップを取った。その写真、ビデオクリップはベトナム洞窟探検家グループと地質・鉱産学院の価値のある資料になった。



タインホア省のドンラック洞窟。撮影:資料


ソンラー省のフット洞窟。


ター・ナム・ロン氏とソンラー省のフット洞窟の千年の鍾乳石。撮影:資料


ホアビン省のヴァン洞窟内の池は20mの深さがある。撮影:資料


バックカン省のタㇺファイ洞窟の入口。撮影:資料


タイグエン省のヒュイエン洞窟。撮影:資料


ハーザン省、ドンヴァン郡で水源を探すために、
バンマー洞窟に到着したタ・ナム・ロン氏と外国人(ベルギー・ドイツ)探検家たち。
撮影:資料。



バックカン省、ナーフォン洞窟におけるタ・ナム・ロン氏と探検家たち。撮影:資料

タイグエン省におけるサークアオ

現在、ロン氏は多くの人々が観光として訪れる場所を発見するために、ライチャウ省の温泉プロジェクトを実現している。

2015年、タ・ナム・ロン氏はDavitd Lagrou 氏とLieven De Bontridder氏―2名のベルギー人の洞窟専門家とともに、
ハーザン省、ドンヴァン郡、
メオヴァック郡の民族の人々の生活のために、水源を探す2人のベトナム人の一人である。
文:ビック・ヴァン、写真:タイン・ザン、資料
他の記事