02/10/2021 10:34 GMT+7 print

新型コロナ収束後のメコンデルタとベトナムの経済状況

(VOVWORLD) -  10月1日、VCCI=ベトナム商工会議所カントー市支局、VOV=ベトナムの声放送局メコンデルタ支局、及びVIAC=ベトナム国際仲裁センターの共催により、「ベトナムとメコンデルタの経済状況・第4四半期と2022年の経済展望の予測」をテーマにしたシンポジウムがオンライン方式で行われました。

席上、VCCIのヴォ・タン・タイン副会頭は長い間、新型コロナの対応に尽力してきた結果、メコンデルタ各省は社会隔離措置を漸次緩和するとともにワクチン接種を加速させ、労働者の就職に有利な条件を作り出すことが狙いであると明らかにしました。また、アメリカやEU=欧州連合、日本、韓国、中国などのベトナムの重点的な市場の経済回復に伴い、輸入の需要が急増することから、年末までの数カ月におけるベトナムの農・林・水産物の輸出が大きな伸びを見せると予測されています。タイン氏は次のように語りました。

(テープ)

「経済活動の再開に際し、企業は停滞状態から早急に抜け出し、回復を加速させなければなりません。新常態において政府と各レベルの行政当局の支援を受ける一方、企業の適切な措置や解決策、創意工夫は存続を左右する要素となります。」

一方、VOVのド・ティエン・シ総裁は「VOVは常に企業界とともに歩んでいく」と強調し、次のように語りました。

(テープ)

「私たちはおよそ1億人の人口を抱える国内市場に恵まれ、各国とのオープンな経済協力を結んで、複数の新世代の投資・貿易契約を締結しています。また、希望に満ちた企業界があることを誇っています。こうした基盤と政治システムの具体的な行動により、我々の企業は困難を乗り越え、強力なベトナムの構築を推進していくと確信します。」

シンポジウムで経済専門家や学者らは経済回復に際しての試練や困難、政府の企業支援策、新常態での経済活動の再開に関するベトナム、中でもメコンデルタの試練と展望などを取り上げました。