03/09/2021 00:53 GMT+7 print

グレーテ・ロッヘン大使 - ベトナムとノルウェーの「橋を架ける」女性

ベトナムでの任務に就いた2018年8月、ノルウェー大使のグレーテ・ロッヘン(Grete Lochen)氏はベトナムとノルウェー両国間の友好・協力関係を築くために「架け橋」としての役割に最善を尽くすという目標を設定し、多くの新しい功績をあげることができました。彼女の業務の中では、ジェンダーの平等を促進し、女性に力を与え、若い世代を鼓舞することが常に最優先事項です。

グレーテ・ロッヘン氏は、今期の大使として登録する際に第1選択肢をベトナムとしました。彼女は次のように述べています。「私は25年以上前に初めてベトナムに来ました。ベトナムの活気に満ちた雰囲気、自然の美しさ、伝統、料理文化、経済のダイナミズム、経済、そして何よりも友好的な人々が好きです。ベトナムに戻れてとても嬉しいです」
彼女のベトナムでの最初の活動は、2018年10月にノルウェー大使館、ノルウェー貿易局、ベトナム農業農村開発省傘下の水産業局が主催する水産業ワークショップの開催でした。大使館はノルウェー産業貿易水産省、ノルウェー水産局、およびノルウェー企業の代表者をベトナムに招待し、ベトナムのパートナーと彼らの経験について意見交換を行いました。ノルウェーは違法、未申告、管理外の漁業活動を効果的に取り締まっています。衛星と技術を使用しながら、漁獲割り当て制度を通じて持続可能な漁業を促進しています。これは興味深い偶然で、水産は30年以上にわたってベトナムとノルウェーの間の長期的な二国間協力の分野でした。ベトナムとノルウェーの両国は海に面した国で、海洋と海洋経済のトピックに関する多くの共通点を持っています。彼女が大使という役割で開催したこの最初のイベントは経済、文化、教育の分野での両国間の協力を促進するために、彼女のベトナムでの多忙な業務の出発点となりました。

特に、この期間中、彼女はベトナムの女性と女児の権利だけでなく、世界的な基準と慣行を強化し保護するために多くの活動に携わりました。彼女はゲイコミュニティに属する人々を含め、少女と女性の地位、権力、機会を促進するための包括的で差別のない方法を用いて最も効果をあげました。


グレーテ・ロッヘン(Grete Lochen)ノルウェー大使(2021年5月)。
写真:ヴィエット・クオン/ VNP


2020年、
外務省女性昇進委員会は男女平等と外務省の女性幹部の能力開発への
貢献に感謝し、グレーテ・ロッヘン大使に功労証明書を授与するブイ・タイン・ソン外務副大臣。

写真:外務省外務省ノルウェー大使館の資料



ベトナムの外交官と意見交換をするグレーテ・ロッヘン大使。
撮影:ノルウェー大使館の資料



クアン・チー省に出張中のグレーテ・ロッヘン大使。
撮影:ノルウェー大使館の資料



出張中、地域の生活と経済についてより理解するために
常に地元の人々と親密に話し合うグレーテ・ロッヘン大使。
撮影:ノルウェー大使館の資料

グレーテ・ロッヘン大使は次のように述べています。「現在、世界のどの国も男女平等の目標を達成していません。したがって、私たちはもっと努力する必要があり、特に若い世代の参加は非常に重要です。ジェンダー平等は誰も取りこぼさずに持続可能な開発目標を達成する方法でもあります」


ノルウェーはさまざまなパートナーや利害関係者と緊密に協力して、世界、地域、国内規模でこの問題に取り組んでいます。2017年、ノルウェーはエチオピア、インド、ペルー、ベトナムで15年間のYoungLivesプロジェクトを完了しました。このプロジェクトの目標は子どもの貧困の原因と結果、そして子どもたちの生活に真の違いをもたらすことができる政策を研究することです。さらに、ノルウェーは「ベトナムにおけるジェンダーのステレオタイプと有害な慣行に基づいたジェンダー選択の解決」プロジェクトを後援し、廃棄物とプラスチック廃棄物管理のための効果的な統合モデルの構築に地元の女性の参加を動員するために、ベトナムのハー・ロン市、クイ・ニョン省、ムイ・ネー市、ダ・ラット市、ビン・ドゥオン省などのベトナムの5つの省と都市で実施されている他のプロジェクトを後援しています。
グレテ・ロッヘン大使は「ベトナムでは妊娠して女の子だと分かると、毎年45,900例の堕胎が行われているという悲痛な数を聞いて、本当にショックを受けました。この状況は男性を尊重し、女性を卑下する考え方です。女児や女性への投資は正しいことであるだけでなく、賢明で非常に有益です。ベトナムではノルウェーからの財政的支援を受けて、UNFPAがベトナム政府と共に出生時の性別選択の解決に向け取り組んでいることを知ってうれしく思います。 これらの取り組みは成功に不可欠です」と述べました。


グレーテ・ロッヘン大使は他の多くのイベントに参加しています。彼女は国中のベトナム人と交流し、話し、そして一緒に活動しました。ハノイでは、大使が仲間の大使と一緒に時間を過ごし、ベトナムの女性サッカーチームのテトを祝い、視覚障害の子供たちと一緒に走り、ハノイの大学生とともに在ベトナムUN Women組織が主催する「女性暴力に対する16日間の行動」ベトナムキャンペーンに参加しました。グレーテ・ロッヘン大使はまた、ベトナムの女性のエンパワーメントと平等なビジネス機会を促進するために、ハノイの女性起業家ネットワークのメンバーと会談しました。彼女はベトナムの多くの地方や省を訪問し、社会経済開発において地方が直面している課題、社会的および経済的活動への女性や恵まれないグループの参加を確保する問題の理解に努めています。ベトナム国防省と国連が主催した平和維持活動における女性の役割と新型コロナ感染症の防止に関する国際会議では、彼女は常にベトナムの女性に同行し、経済、文化、教育などの分野の発展における自らの可能性を最大限に発揮する支援をしています。


若者たちと環境にやさしいリサイクル製品はついて話すグレーテ・ロッヘン大使。
写真:ヴィエット・クオン(Viet Cuong )- VNP



コーヒーハウスでチェーンマネージャーと環境に優しいリサイクル素材の使用について
話し合うグレーテ・ロッヘン大使。 写真:ヴィエット・クオン/ VNP

 

ハノイで目の不自由な子供たちと一緒に走るグレーテ・ロッヘン大使。撮影:ノルウェー大使館の資料


ノルウェー大使館で若いベトナム人や同僚と常に交流し
彼らが必要としているのは何かを理解するグレーテ・ロッヘン大使。
撮影:ノルウェー大使館の資料


ハノイのビンスクールの生徒たちとの合流会での
グレーテ・ロッヘン大使。撮影:ノルウェー大使館の資料


ジェンダー平等の促進と女性のエンパワーメントを目指すグレテ・ロッヘン大使とベトナムの若者。
撮影:ノルウェー大使館の資料

ベトナムでの彼女の努力により、グレテ・ロッヘン大使はジェンダー平等と外務省の女性職員能力開発への貢献に対して、外務省の女性振興局から功労証明書を授与されました。
ベトナムとノルウェーの外交関係樹立50周年(2021年5月17日)に備えて、グレテ・ロッヘン大使は大使館の職員やスタッフとともに多くのイベントを準備しました。その中で、ベトナムとノルウェーが共催する持続可能な海洋経済と気候変動への適応に関する国際会議が2021年末に開催され、両国の事業間で漁業と再生可能エネルギーのいくつかの協力促進活動が直接形式、およびオンライン形式で行われます。
 
文:ビック・ヴァン
写真:ヴィエット・クオン、ノルウェー大使館の資料