28/07/2021 10:14 GMT+7 print

国会 持続可能な貧困解消目標プログラムを協議

27日午前、ハノイで開催中の第15期国会第1回会議で議員らは2021年~2025年期の持続可能な貧困解消国家目標プログラムについて討議を行いました。このプログラムは投資額32億ドル以上をかけて実施されます。 席上、議員らは貧困解消が党と国家の主要な政策である。国会は多次元貧困指数に基づき、2025年までに貧困世帯の割合を2021年の半分に削減し、沿海や島嶼にある貧困な県、村それぞれ30%は貧困状態から抜け出すという目標を達成するため、このプログラムを採択する必要があると強調しました。 ダナン市選出のチャン・チ・クオン国会議員は次のように話しました。 「貧困解消は人文的な政策であり、人民の生活水準の向上を目指すものです。貧困解消政策は功を奏するため、関係機関が貧困解消と新農村づくりに関する2つの国家目標プログラムを連携させる必要があると思います。新型コロナが大流行し、このプログラムへの投資に大きな影響をもたらしている背景の中で政府はこのプログラムへの投資を国家予算に計上しなければなりません。」 ソース:VOV