14/07/2021 13:47 GMT+7 print

チン首相 国内のワクチン製造の加速を求める

ファム・ミン・チン首相は国内のいくつかのワクチン・医療用製品生産施設を視察した際、遅くとも来年6月には国内製のワクチンを使用できるようにあらゆる手を尽くすべきであると求めました。 先ごろ、ファム・ミン・チン首相は国内のいくつかのワクチン・医療用製品生産施設を視察した際、新型コロナへの緊急対応を目指し、ベトナムとWHO=世界保健機関の規定を順守した上で、国内の新型コロナワクチンの研究、技術移転、製造を加速させるため、最も有利な条件をつくり、あらゆるリソースを活用して、遅くとも来年6月には国内製のワクチンを使用できるようにあらゆる手を尽くすべきであると求めました。 また、チン首相は保健省に対し、ワクチンの研究、技術移転、製造、承認計画の作成で関係各省庁、部門と連携するとともに、WHOと緊密に協力し、ベトナム製のワクチンの承認に関する必要な手続きを行い、ワクチンの研究、技術移転、製造に関するメカニズム、政策の充実を継続する必要があるとしています。 ソース: VOV