25/06/2021 09:42 GMT+7 print

少数民族居住地での生活水準の向上を目指す

(VOVWORLD) -24日、政府本部で、チュオン・ホア・ビン副首相は、2021年~2030年期の少数民族居住地と山間部の経済社会発展国家目標プログラム中央指導委員会の会合を主催しました。

少数民族居住地と山間部に関する国家目標プログラムは、2021年~2025年期の国家目標プログラムの一部であり、全国平均と比較して、少数民族居住地と山間部の生活水準と所得格差を縮小することが狙いです。これに基づき、特別に困難な状態にある村、集落の数は2025年までに半減され、そして、2030年までに基本的に存在しないということです。
会合で、同委員会委員長を務めるビン副首相は、各省庁、部門などに対し、少数民族の自助努力精神を活用し、第四次産業革命、特にハイテク農業に対応できるための人材育成、スタートアップの奨励に配慮するよう求めました。