02/07/2021 11:46 GMT+7 print

「Trevi Bike」 – 自転車の背後にあるメッセージ

2018年から市場に登場したばかりのベトナム竹製自転車ブランド「Trevi Bike」はEUや米国などのハイエンド市場に進出しました。「 Trevi Bike」は環境にやさしいグリーンビークルのストーリーと、グリーンライフスタイルのメッセージを投げかけています

「Trevi Bike」はベトナム市場で大成功を収めている鉄製の電動アシスト自転車を生産しているHayBikeブランドの創設者によって作成されました。しかし、HayBikeの成功はまだ創設チームの目的地ではありません。ベトナム製品を作って世界市場を征服したいという願望はHayBike創設チームが目指しているものです。

電動アシスト自転車はベトナム市場では初めてのことですが、世界市場にとってはもはや珍しいことではありません。したがって、この製品を輸出することはできません。「だからこそ、『メイド・イン・ベトナム』製品が国際市場を征服するという夢を叶えるために、長い研究と大切なプロセスを経て、竹素材を選んで竹製自転車を作ることにしました」と「TreviBike」ブランドのオーナーであるHayBike株式会社創設者グエン・ヴァン・トゥエン氏は、高級竹製自転車「TreviBike」が誕生した理由について語りました。
「TreviBike」は男竹の茎から作られています。これらの茎は「TreviBike」の主要な材料で、専門家が非常に厳密に選び、処理しています。竹の茎は衝撃に耐え、柔軟性があり、シロアリや天候などの環境の影響に耐えることができるように最新の技術で処理されています。


「Trevi Bike」のフレームの原材料を生産する労働者。写真:TreviBike資料


「TreviBike」のフレーム数をチェックする作業員。写真:チャン・タイン・ザン






工場で完全に組み立てられる「TreviBike」のフレーム。写真:チャン・タイン・ザン


子供用バランスバイクにも興味を持ち、生産している「TreviBike」。写真:チャン・タイン・ザン


通常の自転車の基準を満たし、すべて環境にやさしい高品質の竹で作られているフレーム。
写真:チャン・タイン・ザン

多くの研究によると、他の天然木製品とは異なり、竹はより耐久性があり、鋼と同等で、非常に高い耐水性を持っています。
トゥエン氏によると、ベトナムの竹素材は世界最高の品質で、特にタン・ホア省とホア・ビン省で栽培されている竹は優れているそうです。竹の品種の利点に加えて、土壌と温帯と熱帯の気候は竹の成長に非常に適しているためです。中国やインドにも竹がたくさんありますが、中国の竹は外見は滑らかで中はかなり多孔質です。



さらにベトナム人の考えでは、竹はベトナム人の象徴であり、国の発展に関連する精神的および歴史的要素があります。竹は並外れた象徴とされていて、あらゆる条件に耐性があり、また非常に高い柔軟性も持っています。
竹は古くから何世代にもわたってベトナム人の生活の中で使われてきました。昨今、代替素材として竹を使用することもトレンドになっています。

竹には植え付けから収穫まで約3〜5年という非常に早く再生する利点があります。竹の根は木材とは異なり成長サイクルは良好で、利用された後も筍が生え続けます。
「Trevi」はイタリアのローマにある有名な噴水の名前ですが、偶然にもベトナムの竹の略語でもあります。「Trevi」という名前に話しが及ぶと人々はいつもベトナムを思い出し、ユニークで環境に優しい製品でベトナムの人々の創造性を思い出して欲しいと創設者は願っています。
「私たちも木材を使ってみましたが、必要な品質のフレームを作るには樹齢60〜100年の木材でなければなりません。もしそうなら、製品を生産するコストを増加させ、さらに木の再生には長い時間がかかることから木の伐採は環境に影響を与えます」とトゥエン氏は強調しました。

トゥエン氏によると「TreviBike」製品を生産する原料として使用している竹は天然の竹ではなく、栽培した竹であり、人々のために雇用創出をします。「TreviBike」のもう1つの利点は、同社がきちんとした投資により鉄製の電動自転車も製造しているため、竹製の自転車に投資することはそれほど難しくないことです。
トゥエン氏は「ベトナムの人々は竹素材で作られた製品を含め、輸出しているほとんどの物は安価で、多くの高価なものを海外から輸入しなければなりません。私たちは高価格で質の高い製品を販売し、ドルやユーロを稼げる製品を作りたいと思っています」と述べました。
ヨーロッパ市場ではターゲットをオランダにしました。オランダの自転車の需要は世界最大であり、国の人口よりも多いためです。オランダの人口は約1,700万人ですが、約2,100万台の自転車が使用されています。オランダ人は自転車で生まれたとさえ言われているくらいです。 「オランダ人はスポーツが好きで、環境保護を重要視する考え方であるため、ドイツ以外で市場を開拓する最初の場所としてオランダを選択することにしました。ベルリンのショールームはヨーロッパの総代理のようなものです」とトゥエン氏は付け加えました。
「TreviBike」はこの2年間に様々なバージョンの製品を生産しました。トゥエン氏は「販売目標も大切ですが、私たちはベトナム製品を世界に届け、世界に認められることに焦点を合わせて、多様で高品質の製品を作りたいと思っています」と「TreviBike」の将来について語りました。









「TreviBike」の竹製自転車製品。写真:「TreviBike」の資料


Haybike電動アシスト自転車が展示されている店内。写真:「TreviBike」の資料


ハノイにある「TreviBike」の竹製自転車店。写真:TreviBikeの資料


ハノイの見本市に出品された「TreviBike」製品。写真:チャン・タイン・ザン

最近、ベトナムのサッカー選手ドゥオン・ヴァン・ハウのオーナークラブであるヘーレンフェーンクラブの公式情報によると、「TreviBike」は2020-2021の2年間のスポンサー契約により、オランダのサッカーチームのすべてのメンバーが使用する自転車になりました。したがって、HayBike株式会社はアベレンストラスタジアムからクラブのトレーニンググラウンドまで移動するための新しい自転車をプレーヤーに提供しています。

ヘーレンフェーンクラブの公式Facebookページには次のように書かれています。「Trevi Bike」はエコロジーなライフスタイル、また世界の持続可能な開発に貢献することを目的として竹を素材にして製造された自転車です。「Trevi Bike」のフレームは素材の第一人者が厳選した竹の茎から作られています。
トゥエン氏によると「Trevi Bike」は環境汚染、交通車両による騒音公害の改善、交通渋滞の削減に貢献し、人々の健康的な習慣を作り出すことが重要だという創設者の使命を抱いて誕生しました。
ベトナムの竹は土壌と高温多湿の気候で育ち、丈夫で耐久性があり、弾力性があるという利点から、「Trevi Bike」のフレームに選ばれました。また自転車に自然の美しさと美しい外観をもたらし、ユーザーに今までと違った感覚を抱かせます。グリーンライフスタイルをリードしましょう! それは「Trevi Bike」が各顧客に伝えたいメッセージです。



2019年12月4日、HayBike合資会社は国際的ブランド「Trevi Bike」として
ドイツのベルリンに自転車ショールームを正式に開設した。
2020年、「Trevi Bike」はバンクーバー(カナダ)にショールームを開設した。
2021年、米国にショールームをオープンする予定。

文:タオ・ヴィー
写真:チャン・タイン・ザン