09/09/2021 16:24 GMT+7 print

岩石高原国境警備隊の養子縁組

「国境警備隊の養子縁組」と題されたプログラムに呼応し、ハ・ザン省のドン・ヴァン岩石高原国境警備隊は恵まれない環境にあり、特に生活が困窮している数十人の子供たちと養子縁組し、育てました。

2016年3月はハ・ザン省ドン・ヴァン地区サ・フィン村サ・フィン集落の三姉妹バン・ティ・チャさん、バン・ティ・サウさん、バン・ティ・チョさんにとって忘れることはできません。フォ・バン国境警備隊の将校と兵士が彼女たちの家を訪れ、フォスターステーションに来るよう家族の許可を求めた日から、彼らの生活は新しいページが開かれました。

当時、三姉妹はまだ幼かったのに、人生で大きな突発的な出来事に出くわさなければなりませんでしたました。父親が病気で亡くなり、母親は出て行ったきり帰って来ず、三姉妹の生活は叔父と祖母の家族に頼るしかありません。しかし、叔父の家族の生活も厳しく、家族全員が食いつなぐのにやっとで、お互いがなんとかを1日を凌がなくてはならない状態でした。彼らは学校に行けず、教育を受けられなくなると思われていました。

その「嵐」の真っ只中、幸運が微笑み、フォー・バンの国境警備隊から新しい生活を送る機会が子供たちに与えられたのです。サ・フィン村を管轄する国境地域の管理者は三姉妹の窮状をよく知っていたため、フォー・バン国境警備隊の司令部は三人全員を養子として18歳まで育てる決定をしました。




三姉妹の世話と育成を任命されたフォー・バン国境警備隊の副政治将校ル・マン・ホップ少佐とヴァン・ティ・チューさん。


トー・ティ・ジンさんから「父」と呼ばれているルン・ク国境警備隊のドー・ダン・二エム少佐。



子供たちに勉強を教えるフォー・バン国境警備隊の将校と兵士。


熱心に日常生活のスキルの指導を受ける子供たち。



軍に養子縁組されてから5年が経ち、今では幸せに、活発に、そして明るくなっただけでなく、あらゆる面で大きな進歩が見られる子どもたち。


自立しただけでなく、部隊の集団活動において兵士たちを手伝う子どもたち。



養子となった三姉妹の健康を定期的に管理しているフォー・バン国境警備隊の
軍医グエン・ドゥック・タイン少佐。



2人の姉妹ヴァン・ティ・チョーさんの部屋にある靴とスリッパの棚。
これらのほとんどは国境警備隊の父親が子供たちのために購入した贈り物。



国境警備隊の菜園を手伝う2人の姉妹、ヴァン・ティ・サウさんと
ヴァン・ティ・チョーさん。



デリケートなことや話しにくいことがあれば養子縁組の子供たちと話すよう
国境警備隊の父親から頼まれるステーションの近くに住む教師や兵士の妻。


人生の新しいページを開いた国境警備隊の駐屯地に住む養子たち。
 

同じような状況から、マ・レ村のトー・ティ・ジンさん(2005年生まれ)と2人の妹のトー・ミ・ヴァ(2008年生まれ)、トー・ティ・スア(2012年生まれ)もルン・ク国境警備隊の将校と兵士に迎え入れられました。フォー・バン国境警備隊駐屯地とルン・ク国境警備隊駐屯地は、ハ・ザンの国境地域で「国境警備隊の養子」のモデルを作り上げた最初の2つの機関です。

フォー・バン国境警備隊駐屯地の養子となった初期の頃について、ヴァン・ティ・サウさんは「私がここに住むようになった時、まるで本当の子供のように接してくれました。 三姉妹は自分の寝室を持っていて、みんなと一緒に食事をし、毛布、服、本を買い、学校に行くことができるようになりました」と語りました。

 
これまで、毎月の経費に加えてルン・ク国境警備隊駐屯地で「緑の肩章」を着けた父親の貯蓄が2億ドン以上に達したことが知られている。
ルン・ク国境警備隊駐屯地でファン・ダン少佐は次のように語りました。「国境警備隊はほとんど家族から遠く離れており、経験がありません。また、子どもたちは習慣や生活様式の異なる民族であり、さらに女性です。簡単なのはしないことですが、ルン・ク国境警備隊駐屯地はこれを特別な仕事だと考えています。 駐屯地の指揮委員会は彼らを国境警備隊駐屯地の『子供』としました。将校と兵士は真の父親です。子どもたちを育てるために、親切な人々の寄付に加え、将校や兵士も月給から自主的に寄付して基金を設立しています」

幼い子供たちの考えや願望を受け止めることは兵士たちにとって難しいことです。駐屯地は日頃から子供たちの世話をし、親しくなるようにスタッフを割り当てます。デリケートなことや話しにくいことがあれば、国境警備隊は駐屯地の近くに住む教師や兵士の妻に頼んで子供たちに説明してもらいます。

軍に養子縁組されてから5年が経ち、子供たちは今では幸せに、活発に、そして明るくなっただけでなく、あらゆる面で大きな進歩が見られます。緑色の肩章を着けている父親が注意深く育て、指導してきたお陰で、この国境警備隊の養子になった子どもたちのほとんどは、規律ある生活を送り、良い学業成績を修めています。彼らは自ら勉強に熱心であるだけでなく、兵士が家を掃除し、夕食を準備し、部隊の集団活動に参加します。

「国境警備隊の養子縁組」というプログラムは特別な事情のある子どもたちを救うだけでなく、国境警備隊と国境地域の民族との団結と愛着を強化することに貢献するという、深い人間的意味を持っています。

文と撮影:ヴィエット・クオン