13/05/2021 11:50 GMT+7 print

国内各地 新型コロナ対応にあらゆる手を尽くす

(VOVWORLD) -  11日、保健省は緊急事として新型コロナへの主体的対応を協議するため、63の省・市とのオンライン会合を行いました。 
会議でグエン・チュオン・ソン保健次官は「国内で、イギリス型とインド型変異株が流行し、新型コロナ感染拡大の危機が高まっている中で、万一の場合に備えた対応シナリオを用意すべきである」と強調しました。
ソン次官によりますと、感染者数が3万人以上出た場合を想定したシナリオを作成する際、保健省は診療治療施設をはじめ、あらゆるレベルで対応策を準備しなければならないとしています。従って医療施設は通院している患者とその家族を対象に定期的なウイルス検査を行うことになります。

他方、11日、グエン・タイン・ロン保健大臣は南部ビンロン省、ビンタン県の有権者と会合を行った際、国際的な新型コロナウイルスワクチンの調達・供給枠組み「COVAXファシリティー」がベトナムに4千万回分のワクチンの供給を公約したこと、アストラ・ゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンおよそ3千万回分を注文したこと、そしてアメリカ製薬大手ファイザー製の新型コロナワクチンおよそ3100万回分の購入を計画していることを明らかにしました。ロン大臣は次のように語りました。

(テープ)

「ワクチンを入手してから、政府決議21号に従って早く市民への接種を普及させます。今年末をめどにできるだけ大規模な接種キャンペーンを展開するよう尽力していきます。つまり、年末までに、政府と保健省の計画通りに国民がワクチンにアクセスできるようにします。」