06/05/2021 11:30 GMT+7 print

インドのコロナ新規感染、12日連続で30万人超 累計2000万人迫る

インド保健省が3日発表したデータによりますと、過去24時間の新型コロナウイルス新規感染者は36万8147人となり、1日当たりの感染者が12日連続で30万人を上回りました。累計の感染者は1993万人で、2000万人に追いました。
感染が急拡大する中でもワクチンが需要に追いつかず、接種ペースは先月初旬にピークを付けた後に急減速しています。1日当たりの接種は4月5日に450万人とピークを付けましたが、その後は平均250万人で推移しています。
国内のワクチン生産拡大には少なくとも2カ月かかるとみられる中、インドはワクチンの国外調達を開始しました。今月1日にはロシアから15万回分の「スプートニクV」ワクチンの供給を受けました。インド政府は今後「数百万回分」の供給を受けるとしています。
<p articlebody-para-td_9x"="" style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 20px; overflow-wrap: break-word;">このほか、米ファイザーのブーラ最高経営責任者(CEO)は3日、同社が独ビオンテックと共同開発したワクチンの早期承認に向けインド政府と協議を進めていると表明しました。インド政府は米モデルナと米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)に対してもワクチン供給を打診しています。
ソース:VOV