08/04/2021 10:31 GMT+7 print

国家の企業投資の効果向上を目指す

 7日午前、ハノイで、財務省はWB=世界銀行ベトナム事務所と協力し、企業の生産経営に出資される国家資本の管理・使用法、5年間にわたる実施の成果と改正・補足方向」をテーマにしたシンポジウムを行いました。
国家の企業投資の効果向上を目指す - ảnh 1写真提供:tapchitaichinh.vn
席上、経済専門家らはこれまで同法の実施で前向きな成果が収められたが、補足・改正すべき条項があると指摘しました。中央経済管理研究院の元院長であるグエン・ディン・クン氏は次のような見解を述べました。

「国家は企業に投資した金融を取り上げてから、企業における国家資本という概念がなくなりました。土地や工場など数十種類の財産を所有し、異なる管理メカニズムや使用方法を導入した企業ならば、なかなか事業活動を行うことができないでしょう。ですから、まず概念を変える必要があると思います。企業のコーポレートガバナンスに関する責任、権利、権力を明確にしなければなりません。」
また、企業における国家資本の効果は市場メカニズムや、投資の利回りと配当の付加価値に基づき評価されるべきだとしています。
ソース:VOV