25/03/2021 10:13 GMT+7 print

第14期国会第11回会議 開幕 (2)

 24日午前、ハノイで、第14期国会第11回会議が開幕しました。開会式にはグエン・フ・チョン党書記長・国家主席、グエン・スアン・フック首相、グエン・ティ・キム・ガン国会議長、老革命家、外交団の代表、国会議員らが出席しました。
第14期国会第11回会議 開幕 (2) - ảnh 1
席上、開会演説に立ったグエン・ティ・キム・ガン国会議長は「これは第14期国会の最終会議であり、第13回党大会決議が展開され、第15期国会議員と2021年~2026年期の各レベルの人民評議会議員選挙の準備が進められている中で行われる」と明らかにしました。また、この5年間、国会は国家主席、政府、関係各機関、組織と力を連携し、託された任務を全うし、全党、全国民、全軍が大きな成果を収め、国の威信と地位を向上させるため、総合的な力をつくったとしています。ガン議長は次のように語りました。

「今国会で収めた成果を振り返り、立法や法律施行などに関する問題点を指摘したうえで、原因を分析し、経験や教訓を引き出します。これは、次の任期の活動の刷新や効果向上、新たな発展段階に入るための着実な礎を作り出すでしょう。今回の会議は任期交代を控える中で行われるものです。」
今国会では第14期国会の報告をはじめ、2016年~2021年期の国家主席、政府、最高人民裁判所、最高人民検察院の活動報告について討議されます。また、国家機構の重要なポストの選出・批准が行われる予定です。
さらに、麻薬対策法改正案が検討・採択され、2021年~2026年期のハノイ市人民評議会の選任議員の人数が決定されるほか、2020年の経済社会発展計画の実施状況に関する政府の追加報告なども検討されるとしています。
開会式後、グエン・ティ・キム・ガン国会議長は第14期国会の活動報告書を読み上げました。ニュースの後、この報告の主な内容をお伝えします。
ソース:VOV