25/01/2021 10:49 GMT+7 print

エジプトの新聞、ベトナムの成果をたたえる

ベトナム共産党の第13回大会が間もなく開催されるにあたり、エジプトの多くの新聞はベトナム共産党の指導の下、ベトナム国民が収めた成果をたたえる記事を掲載していました。
23日付のエジプトの電子新聞「エルワタン・ニュース」は「ベトナム共産党の第13回大会の成功はベトナムとエジプトとの関係を強化する方向を定める」をテーマとした記事を掲載しました。この記事は「この35年間、ベトナム共産党の指導の下、実施してきたドイモイ政策により、ベトナムは中所得国になってきた。また、ベトナムは国際社会に主体的に参加し、すべての国民が国の発展から利益を得られている。」と伝えました。
一方、22日付のエジプトの新聞「イベント・マガジン・ニュース」は記者Ahmed Hassanさんの「2016年~2020年の任期:ベトナムと中東地域、アフリカ、エジプトの関係が新しい発展段階に押し上げられる」をタイトルとした記事を掲載しました。
その中で、同記者は「ベトナム共産党の指導の下、ベトナム国民は多くの試練を乗り越え、経済面における大きな成果を収め、国際社会におけるベトナムの地位向上に寄与してきた。この4年連続で、ベトナムは最も高い経済伸び率を達成した世界10か国の一つとなった」と報じました。
また、「外交分野において、ベトナムは地域内外の各国間の友好協力関係の強化に寄与してきた。国際問題の解決に対するベトナムの主体的、かつ、積極的な貢献は世界各国の信頼を受けている」と伝えました。
ソース:VOV