14/01/2021 10:55 GMT+7 print

「黄金の鎌とハンマー賞」授賞式

13日夜、ハノイで、党建設事業に関わる報道賞「黄金の鎌とハンマー賞2020」の授賞式が行われます。組織委員会によりますと、今年は全国の報道機関から1710点の応募作品があります。
これらの作品は、第13回党大会の準備作業や党の指導力の向上、新型コロナ予防対策、自然災害予防対策とその被害の克服作業など国民の関心を集めている様々な課題をテーマにし、形式の面でも内容の面でも創意工夫を凝らした作品が多いとしています。組織委員会のメンバーゴ・ミン・トゥアン氏は次のように明らかにしています。

「2020年はテーマが豊かなので、応募作品の数が増えました。黄金の鎌とハンマー賞2020報道界に新風を吹き込み、ジャーナリストらに新しい原動力を作り出したといえます。」
今年も、VOVのジャーナリストらが再び受賞しました。北部山岳地帯ソンラ省でのゴム栽培プロジェクトと省内の貧困解消事業に関するスアン・ト氏とトゥ・トゥイ氏の作品はVOVで放送され、世論と地方行政府から積極的な反応を受けました。スアン・ト氏の話です。

「喜ばしいことは、ソンラ省党委員会が人民委員会に対し、ゴム栽培に携わる農家の困難解決を目指す政策をとるよう即時要請したことです。現状に相応しくないものは調整されました。これらは農家の困難解決や、収入向上につながりました。」
なお、5回にわたり行われてきた「黄金の鎌とハンマー賞」は党建設事業だけでなく、党の政策が効果的に実施されることなどにも寄与していると評されています。
ソース:VOV