08/01/2021 11:53 GMT+7 print

WHO、3~4週間以内に2度目の接種を

(VOVWORLD) - イギリス政府が、新型コロナウイルスのワクチンを接種する間隔を広げると決めたことについてWHO(=世界保健機関)は5日、接種の間隔は、メーカーの設定通り守るよう勧告しました。

イギリス政府は、ワクチンを、より多くの人が接種できるよう、1回目と2回目の間隔を、「最大3か月」に広げることを決めています。

これについてWHOの予防接種の専門家は、5日、ファイザーとビオンテックが共同開発したワクチンについて、接種の間隔は、メーカー側が設定している3週間から4週間を守るよう、勧告しました。

その上で、「疫病学的な状況や供給の状況がやむを得ない場合は、間隔を6週間までにすること」としています。開発したファイザー社も、間隔を広げた場合の「安全性と有効性は確認できていない」と警告していて、混乱が予想されます。(テレビ朝日)