27/11/2020 09:27 GMT+7 print

新型コロナ感染者 世界全体の累計で6000万人を超える

(VOVWORLD) - ヨーロッパでは新たな感染者数は減少しつつありますが、アメリカでは急増していて世界的に増加のペースが速まっています。

アメリカのジョンズ・ホプキンス大学のまとめによりますと、世界全体の新型コロナウイルスの感染者の累計は日本時間の26日午前3時の時点で、6003万7735人と6000万人を超えました。亡くなった人は世界全体で141万4513人となっています。

このうち秋以降、感染が拡大したヨーロッパではフランスとイギリス、スペインそれにイタリアなどでは、1日当たりの新たな感染者数は減少しつつあります。

このうちフランスでは、マクロン大統領が24日、テレビ演説を行い、先月30日から行ってきた外出制限を段階的に緩和すると発表しました。

来月15日に1日の新たな感染者数が5000人程度になっていることなどを条件に、外出制限は夜間に限定したうえで長距離の移動を認め、さらにクリスマスイブの来月24日と大みそかの31日には一時的に夜間も外出できるとしています。

またイギリス政府も、来月23日から27日までの5日間は人と会うことを制限する措置を全国一律で緩和して、3世帯までが自宅や屋外の公共の場所で集まることを認めると発表しました。

フランスのマクロン大統領とイギリスのジョンソン首相は、それぞれ「いつも通りのクリスマス休暇を過ごすことはできない」などと演説やツイッターを通じて注意を促していて、警戒を緩めないよう呼びかけています。(NHK)