30/11/2020 11:30 GMT+7 print

パンデミックと原油価格下落の二重苦を克服するペトロベトナム

2020年11月24日、ベトナム国営石油ガスグループ(ペトロベトナム)本社においてチュオン・ホア・ビン政治局委員・政府常任副首相の主宰の下、ホアン・コック・ヴオン氏に社員総会議決定書を授与した。

 

ホアン・コック・ヴオン氏に社員総会議長決定書を授与するチュオン・ホア・ビン政治局委員・政府常任副首相。


任務引渡書の調印式に出席するチュオン・ホア・ビン政治局委員・政府常任副首相とベトナム共産党の指導者たち。
式典はハノイ市、ハイ・フォン市、クアン・ガイ省、ホーチミン市、ヴン・タウ市、カー・マウ市、ソック・チャン省、ハウ・ザンの計8ヶ所でテレビ会議形式により行われた。


チュオン・ホア・ビン政治局委員・政府常任副首相は決定書を授与した後、ホアン・コック・ヴオン氏が政府首相の厚い信頼を受け、2020年~2025年任期のベトナム国営石油ガスグループ社員総会議長に選出されたこと、また中央企業党委員会からベトナム国営石油ガスグループ党委員会書記長に命じられたことに対し祝辞を述べた。

チュオン・ホア・ビン政治局委員・政府常任副首相によると、ベトナム国営石油ガスグループは祖国建設防衛事業において重要な役割を果たしている。45年が経過する中、ペトロベトナムはベトナム経済界の牽引車、稼ぎ手となり、他の各企業が共に発展するための環境を作り出してきた。毎年、国家総予算の9~11%、中央総予算の16~17%を占める国家予算を納めている。国内総生産(GDP)においては年平均10~13%と貢献し、国民の安心社会事業に大きく寄与している。

経済・社会に重要な貢献を果たした他、ペトロベトナムは国家主権と緊密な関係を持つ国内の石油プロジェクトを積極的に展開し、エネルギーの安全と食糧の安全を確保してきた。

ペトロベトナムベトナムには高い専門性が持ち、よく訓練され、能動的で創造的、且つ様々なニーズに応え、安心して業務を任せられる幹部、社員、労働者が多くいる。

2020年に世界石油工業界は新型コロナウイルス感染症と原油価格の下落という重大な影響を被り、数多くの国際石油会社は損失を被り、破産、解散に陥った。一方、ベトナム国営石油ガスグループは新型コロナウイルスと原油価格下落という二重の影響への諸対策を実施し、効果をあげるためにあらゆる力を注ぎ込んだ。

その結果、現時点までにベトナム国営石油ガスグループはベトナム共産党、ベトナム政府から託された責務、指標を達成するために、二重の影響による数多くの困難を克服してきた。深刻な天災に見舞われ、回復が長引くにもかかわらず、ペトロベトナムは利益を上げ続け、経営生産速度の維持、安定が確保されている。
文、写真:VNP