29/09/2020 09:33 GMT+7 print

フック首相、農家らと対話

(VOVWORLD) - 対話で、農業生産と新農村づくり運動における困難解決や、社会安全保障の確保と各民族の伝統文化の保存、テイグエン地方の医療・教育問題などは主要議題となりました。

28日、中部高原地帯テイグエン地方のブォンマトート市で、グエン・スアン・フック首相は農家らとの対話を行いました。

フック首相が農家らと対話するのは今回が3回目です。席上、フック首相は農業・農民・農村の国発展事業に対する重要性を再確認し、「新型コロナが流行っている中でも、農業はベトナム経済の重要な柱であり続けると強調しました。

(テープ)

「当面、ベトナムとEU=欧州連合との自由貿易協定を活用し、輸出素性を拡大させていく必要があります。また、製造業の発展、農業・農村への投資増額、種子・肥料の供給確保なども重要な任務です。知識の高い農家の育成、農家の自強自力精神を強化していきます。」

対話で、農業生産と新農村づくり運動における困難解決や、社会安全保障の確保と各民族の伝統文化の保存、テイグエン地方の医療・教育問題などは主要議題となりました。医療・教育問題に関し、フック首相は次のように語りました。                    

(テープ)

「農家らに対し、子孫を教育するために努力していくようというメッセージを送ります。党と政府はさらに教育問題に投資していきます。また、子供の病気診断・治療も優先課題となっています。」

同日、フック首相はダクラク省の指導部と会合を行い、省内の経済社会発展状況と今後の方向について話し合いました