16/09/2020 10:31 GMT+7 print

ベトナムの経済の展望は明るい

(VOVWORLD) -ADB=アジア開発銀行はこのほど、アジア経済見通しを発表し、その中で、2020年のベトナムのGDP=国内総生産の成長率は1.8%に達し、2021年には6.3%に達すると予測しました。

ADB のアンドリュー・ジェフリーズベトナム代表は「新型コロナウイルス感染症はベトナム経済に悪影響を与えていますが、ベトナムは新型コロナの制圧に成功を収めていることから、経済成長率が東南アジア地域で最高となる見込みである。」と明らかにしました。

また、ADBは「公共投資の促進、ベトナムとEU=欧州連合や中国との貿易協力の強化により2021年にベトナムの経済成長率が回復する見通しである。また、インフレ率は3.5%に抑えられる」との予測を出しました。

ADBは「ベトナムの経済の中長期の成長の展望が明るい。ベトナムが複数の二国間と多国間貿易協定を締結していることはベトナムの経済回復にプラス影響を与える」としています。