13/08/2020 09:05 GMT+7 print

7月、ベトナム経済が引き続き回復

(VOVWORLD) -年初から7か月間、ベトナムの輸出総額は昨年同期とほぼ同じである一方、外国直接投資総額は7%減となっています。
WB=世界銀行ベトナム代表が11日に発表した7月のベトナム経済報告書によりますと、ベトナムの製造高と小売業の売上高は昨年同期と比べてそれぞれ2.1%増と4.6%増となりました。

また、年初から7か月間、ベトナムの輸出総額は昨年同期とほぼ同じである一方、外国直接投資総額は7%減となっています。

また、7月のインフレ率が昨年同期と比べて7%増で、信用成長率は10%以下にとどまっています。

WBは今後、新型コロナウイルス感染症の市中感染が拡大し、新たな予防措置が取られることは経済回復に影響を与えているが政府は各地方で公共投資の実施に取り組むとの予測を出しました。