05/07/2020 14:47 GMT+7 print

ベトナム証券市場20周年

(VOVWORLD) - エコノミストらは、「ベトナム証券市場は国の経済発展事業に積極的に貢献している」と評価しています。
3日午後、ホーチミン市で、ベトナム国家証券委員会は記者会見を行い、この20年間におけるベトナム証券市場の活動を紹介しました。

20年前の2000年7月に、ホーチミン市証券取引所が発足し、最初の取引を行いましたが、これはベトナム証券市場の誕生を告げるものとみられています。20年後の2020年6月末まで、その資本化金額はGDP=国内総生産の86%に相当しています。

記者会見で、ベトナム国家証券委員会のチャン・バン・ズン委員長は、「この20年間、多くの浮き沈みがあったが、ベトナム証券市場は着実に発展してきた」とし、次のように語りました。

(テープ)

「証券市場は国の経済と各企業の資金調達に貢献しています。当初、資本が10億ドルを超える企業があることを想像できませんでしたが、現在はその数は20社にのぼっています。これは企業の資金調達や、財源へのアプローチの重要性を示していますが、証券市場はその役割を立派に果たしています。」