31/05/2020 11:07 GMT+7 print

メコンデルタ地域、新型コロナ制圧後、観光へのてこ入れを進める

(VOVWORLD) - ベトナム観光協会が提唱した「観光へのてこ入れ」プログラムに応え、29日、南部カントー市でメコンデルタ観光協会は「新型コロナ制圧後の観光へのてこ入れ計画」を展開しました。

これに基づき、この計画は6月から12月にかけて、メコンデルタ地域の13の省と市で実施されます。

メコンデルタ観光協会のチャン・ヒュ・ヒエップ副会長は同計画の目標について次のように明らかにしました。

(テープ)

「第1、観光部門は『疫病との対応と市場の回復』という二重目標を実施する。第2、観光活動を回復し、メコンデルタ地域への観光客の誘致に尽力すること。第3、労働者に雇用を創出し、生活を安定化させること。第4、住民と観光客のために、新型コロナ予防対策を徹底させること。第5、予算の歳入を増加させることです。」