22/04/2020 10:09 GMT+7 print

日本の医療機器メーカー ベトナムに人工呼吸器を贈呈

(VOVWORLD) - 20日、東京都内で、在日本ベトナム大使館のヴ・ホン・ナム大使は、埼玉県川口市に本社を置く株式会社メトランから2機の人工呼吸器を受けました。

この2機は、2件の支援者がベトナム政府に寄贈するため、メトランに発注した2千機の中の2つの呼吸器です。

授与式で、ナム大使は、これらの人工呼吸器は新型コロナウイルス感染者の命を救うもので、新型コロナウイルスとの闘いに貢献するであろうと述べました。

なお、株式会社メトランは人工呼吸器をはじめとする医療機器メーカーで、その代表取締役会長のチャン・ゴック・フック氏は日本国籍を持つベトナム人です。フック氏は在日本ベトナム人協会の会長でもあります。同社は2012年7月に、当時の天皇陛下の御行幸を受けました。

また、これを機に、ナム大使は、新型コロナウイルスの影響で困難に直面している日本在住ベトナム人を支援するため、在日本ベトナム人協会に20万ドルの支援金を手渡しました。