16/04/2020 10:19 GMT+7 print

露の専門家 ベトナム東部海域問題でベトナムの姿勢を評価

(VOVWORLD) - ベトナムが国連事務総長に公文書を送り、ベトナム東部海域にあるホアンサとチュオンサ両群島の領有権に対する中国の主張に反対することは同海域問題に対するベトナムの適切な姿勢です。これは、ロシアの専門家がベトナム通信社の取材に応じた際、答えた見解です。
サンクトペテルブルク総合大学のヴラディーミル・コロトフ教授は、ベトナムは国際社会の責任あるメンバーとして、国連憲章と国際法に基づいて国益を守っていると高く評価しました。

一方、国際的な安全保障問題の専門家グリゴリ・トロフィムチャック氏は、ベトナム東部海域問題はベトナムと中国との問題であるだけでなく、東南アジア地域と世界の重要な問題 でもあると明らかにし、ベトナムが国連事務総長に公文書を送り、ベトナム東部海域にあるホアンサとチュオンサ両群島の領有権に対する中国の主張に反対することは適切な措置であると強調しました。また、この問題はASEANに直接にかかわるものなので、ASEANは問題解決を目指す取り組みで先頭に立つ必要があるとしています。