31/03/2020 23:07 GMT+7 print

ベトナムのグエン・スアン・フック首相、15日間の社会的距離の確保を求める

先頃、グエン・スアン・フック首相は新型コロナウイルス感染症への緊急対応に関する指示16号を公布しました。
指示の中で、新型コロナウイルス感染がベトナムを含め、世界的に広範に拡大しており、感染者数が日々増加し、国民の命と健康、経済社会分野に深刻な影響を与える恐れがあるとしています。人の命と健康を第一にし、感染症を主体的に抑制するという精神で、フック首相は各省庁、政府機関、中央直轄の各省・市に対し、打ち出された対応策を徹底させるとともに、政府、首相、新型コロナウイルス感染症予防対策国家指導委員会の指示を遵守し、緊急措置を効果的に実施するよう求めました。

また、4月1日0時から、15日間に全国規模で「社会的距離」確保を実践することになります。全ての市民は不要不急の外出を控え、人と接触する際は2メートル以上の距離を置き、公共の場で2人以上が集まらないことと規定しています。

さらに、ラオスとカンボジアに接する国境を往来するあらゆるゲート検問所を一時閉鎖する。国際検問所を通じての入国を厳格に監視するとともにラオスやカンボジアからの入国者に14日間の隔離措置を適用するよう求めました。