25/03/2020 09:24 GMT+7 print

武漢の事実上封鎖、4月8日に解除へ

中国で新型コロナウイルスの感染者が最も多い湖北省武漢市で、1月から行われている事実上の封鎖措置が、4月8日に解除されることになりました。

これは湖北省が発表したもので、4月8日の午前0時から武漢市で駅や空港が閉鎖されるなどの事実上の封鎖措置を解除するほか、湖北省の他の都市については、25日、封鎖を解除するということです。

武漢市では新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、1月23日から事実上封鎖する措置が取られ、その後、湖北省全体で同様の措置が取られていました。湖北省では今月10日以降、省内の一部企業の活動が再開されていて、湖北省当局は「感染症による損失を最小限に抑え、経済と社会を早く正常な軌道に乗せる」としています。

国家衛生当局によりますと、湖北省では23日の発表まで5日続けて新たな感染者は確認されておらず、24日の発表でも1人となっていました。
ソース:VOV