31/12/2019 10:09 GMT+7 print

世界各紙:ベトナム経済成長率を評価

ロシアの通信社スプートニク(Sputnik)は「2019年、国際社会におけるベトナムの発言力が日増しに強くなる。」と報じました。

また、スプートニクは「特に、アメリカと中国との貿易戦争からの影響を受けたにもかかわらず、ベトナムの経済成長率は印象的な数字を見せた」と伝えました。

また、アメリカの世界最大の金融・経済・ビジネス専門チャンネルであるアメリカのCNBCは「ベトナムは世界で最も貧しい国々の一つでしたが、この30年間、ベトナムはインテル、サムスン、ナイキなど世界の最大規模の生産拠点となった。ベトナムの経済成長率が印象的なものである」と明らかにしました。

一方、キューバのプレンサ・ラティーナ通信社は「ベトナムは東南アジアで最もよい投資先である。ベトナムの経済の安定、ダイナミックな発展、オープンな経営環境、インベンション・イノベーション精神、熟練した労働者などが高く評価されている」と報じました。
ソース:VOV