06/11/2019 09:18 GMT+7 print

フック首相、日メコン首脳会議に参加

4日、グエン・スアン・フック首相を含め、メコン川流域諸国の代表と日本の安倍晋三首相はタイの首都バンコクで開かれた第11回日本・メコン地域諸国首脳会議(日メコン首脳会議)に参加しました。

代表らは経済発展と環境保護の両立、自然災害の削減、気候変動への対応能力の向上、メコン川の水資源の持続可能な利用と管理、2030年に向けた持続可能な開発目標のための日メコン・イニシアティブの実施を目指すメコン川流域委員会との協力の強化などで一致しました。

会議で、フック首相は双方が民間経済セクターの資金の活用、メコン川流域諸国のインフラ整備の改善、高質な人材育成を強化する必要があると強調しました。

ベトナム東部海域、いわゆる、南シナ海問題に関して、フック首相は1982年の国連海洋法条約を始め、国際法を尊重し、この海域の安全保障と航海と航行の自由、安全のために自制をするというベトナムの終始一貫した立場を改めて強調しました。

会議で、代表らは共同声明に加え、「2030年に向けたSDGのための日メコン・イニシアティブ」を採択しました。
ソース:VOV