11/07/2019 09:46 GMT+7 print

ベトナム・UAE、商取引額を100億ドルに

先ごろ、チン・ディン・ズン副首相はアラブ首長国連邦を訪問した際、同国の指導者らと双方の商取引額を100億ドルに引き上げることについて集中的に協議しました。

訪問期間中、ズン副首相はアラブ首長国連邦のアル・ジャーベル外務大臣やアル・マズルーウィー エネルギー産業大臣と会見を行ないました。

席上、双方は貿易・投資、再生エネルギー、石油、インフラ整備を中心に協力を強化する措置について話し合いました。また、商取引額を2017年の63億ドルから100億ドルに引き上げるため、力を尽くすと表明しました。

ズン副首相は「アラブ首長国連邦は中東におけるベトナムの重要な貿易・投資パートナーの1つである。今後、両国はあらゆる分野で協力関係を強化していく」と強調しました。
ソース:VOV