02/07/2019 11:04 GMT+7 print

現状況の中でベトナム経済成長は前向きな展望

1日、ハノイで、WB=世界銀行ベトナム事務所は、「この間のベトナム経済状況と見直しに関するWBの報告」を公表しました。
現状況の中でベトナム経済成長は前向きな展望 - ảnh 1
報告によりますと、ベトナムの経済成長が減少したのは、重要な経済部門に対する外国からの不利な要素の影響によるものだということです。WBベトナム事務所のセバスチャン・エッカルト経済専門家は次のように明らかにしました。

「ベトナム経済活動が低迷した時もありました。しかし、今年上半期の経済成長率は6.8%を遂げたことは、持続的な成長率を維持しました。短期間では、経済が低迷したものの、経済成長とマクロ経済の安定が引き続き前向きな展望を見せています。」
WBはまた、ベトナムの2019年のGDP国内総生産高は6.6%に引き下げると予測しています。今後、ベトナムはマクロ経済政策を調整するとともに、輸出競争力の向上などを図る必要があると提案しました。
ソース:VOV